Sakura Archives

競馬予想 2021年3回中京

第26回NHKマイルカップ(GⅠ)

歴史は繰り返すというなら、最内枠を引き当てたレイモンドバローズに期待してみたい。前走阪神戦は休み明けで太目残り。道中も少し力んでいた。最後は甘くなったが、力は見せたといえるだろう。持ち時計がない点は気掛かりながら、インで折り合いさえ付けば抜け出し迄有っても驚けない。

対抗はルークズネスト。これも前走中京戦は太目残りだったが、何とかグレナディアガーズの猛追を振り切り、金星をゲット。GⅠ馬に勝ったのは自信になっただろう。出脚が速くないので再度の逃げの手は期待出来なさそうだが、これも枠は恵まれただけに粘り込み充分。

`そのグレナディアガーズが3番手。前走中京戦は道中行きたがっていた影響も有った。歩様が硬かったのも宜しくなかった。今回は立て直して何処迄走れるかというところだが、フランケル産駒だけに、賞味期限が短い危険は有る。

ソングラインも巻き返したい。前走阪神戦はメイケイエールの大暴走に泣かされ参考外。馬そのものは牡馬にも負けていない程で、スムーズならソコソコの競馬になっていた。あとはメンタル的ダメージさえなければ。

馬単
1=3 1=8 1=10

第69回京都新聞杯(GⅡ)

無難な本命はマカオンドール。中京2200mは開催数自体が少なく、単純に一度経験して勝っている点は高く評価したい。前々走中山戦から上がり33秒台の決着は歓迎しないが、その点も中京なら。

ルペルカーリアも前走阪神戦は瞬発力不足に泣いた。4角先頭で格好だけは造ったが、そこからは完全に決め手負け。血統馬だけにもうちょっと頑張って欲しいところだが、馬格の割にトモが甘い印象も有る。本当に時計が掛かる馬場が向くのかどうか、一抹の不安は残る。

レッドジェネシスは距離が延びて良さが出て来ており、ここなら遜色はない。ただ、ゲートが怪しいのと、昇級初戦だった前々走の東京戦が案外の内容なのが気掛かり。途中からマクりに行った前走阪神戦は強かったが、現状だと乗り方に注文が付く。

抑えがワイドエンペラー。前々走小倉の未勝利戦が強い内容。ゲートを出る様になったことも大きかった。前走に関してはスタート直後に躓いたことと、道悪が向いていない様で伸びを欠いたが、前で流れに乗れさえすれば。

馬単
8=4 8=10 8=1