Sakura Archives

競馬回顧 2019年1回阪神

第53回報知杯フィリーズレビュー(GⅡ)

ノーワン

仕草はまだ子供だが、毛ヅヤピカピカ。このメンバーでも馬は負けていない。出遅れ1馬身不利も、枠の利でカバーして中段やや後方から。道中は道悪の影響も有るのだろうが、インで多少窮屈そうにも見えた。それでも直線向いた段階での手応えは抜群。何処を割るか迷って内へ突っ込み、実効2日の騎乗停止とかなり強引だったが、コジ開けて来た。一瞬の決め手と良い根性を持っている。マイルで未勝利脱出ながら、短距離の差し馬感的印象も有るのだが、今年のメンバーならばそう差はない。

プールヴィル

2人曳き。背丈が低いだけで、馬に幅が有る。毛ヅヤも冴えていた。気配が地味なのもこの時期なら好感。ゲート五分。直ぐ内のアウィルアウェイが行ったを見て、好位待機。今日の馬場でインに収まることは必ずしも得策ではないのだが、上手く脚を矯められた。直線向いて外へ持ち出し、良く追い込んでいるが、内外の差は有って、同着がやっとだった。それでも一番強い内容。馬格がないので本来は道悪も良くなかった筈で、馬体維持を条件に次走も圏内。

ジュランビル

+4kg。少しでも増えた点は好材料だが、もっと増える方がベスト。好発も、内から主張した馬が居て好位から。道中の折り合いは問題なかったが、逃げたアスタールビー、更に2,3番手のアウィルアウェイ、イベリスと重なる様に追走しており、要はこの3頭分の外を回されてしまった。更にイベリスがコーナーで外へ逃げ加減だったのも痛かった。あくまで結果論だが、もう少しメリハリの有る競馬をすべきだった気もしないでもない。そんな中で勝ち馬とは半馬身差。良く踏ん張っている方だろう。この手の馬は本番で中々厳しいのも確かだが、強い競馬はしている。

イベリス

前肢にバンテージ。コロンとしたマイラー体型。その分、トモにボリューム感が有る。出脚は一番速い位だったが、前述した様にアスタールビーとアウィルアウェイが行って3番手から。この形でも折り合いは付いていた様に見えたが、コーナーで外へモタれていたのと、4角での手応えが悪かった。直線向いてからは一瞬反応しており、コーナーでの粗相を思えば良く頑張っているともいえるのだが...。現状だとベストはハナ。無論、今日の経験も大きいだろうが。

メイショウメイケイ

前肢にバンテージ。馬は薄いが、胴長でスカッとした造り。集中力も有った。ゲートは速い方だったが、出脚はイベリスの方が速く、行かせて好位のイン。今日の展開ならこの馬の位置でベストポジション。直線もスペースは有ったが、いざ追ってからはスペースが有ったにも関わらず鋭さに欠けた。器用さは有りそうだが、今日の展開を落としている様では重賞では厳しい。

第55回金鯱賞(GⅡ)

ダノンプレミアム

2人曳き。前後肢にバンテージ。テンションは高いが、馬は出来ていた。このメンバーでも垢抜けた感が有る。好発。軽く1馬身以上抜けた。ハナへ行きたくはなかっただろうが、一瞬、押し出されそうになったところをタニノフランケルとギベオンが行ってくれて好位のイン。完璧に折り合っていたと迄はいえないが、我慢して走れていた。直線入口でスムーズに前が開いたが、追って瞬時の反応も速く、最後は抑える余裕も有った。大楽勝といえる内容。良馬場なら間違いなく更に強い筈で、道悪で勝った点も好感が持てる。課題が有るとすればゲートが速過ぎる点。何処かで押し出されてポカする危険もない訳ではない。

リスグラシュー

2人曳き。シャープな造り。この馬はこれで丁度だが、牡馬相手だと細く映る。ゲートを真っ直ぐに出ず、出脚が鈍って後方から。ただ、道悪とはいえ、開幕週であまり後方から行くと届かないところで、少しずつ脚を使って向正面では中段辺りには取り付いていた。直線もしっかりした脚取りで伸びている。ダノンプレミアムは楽をしていた上に、流石に強かったが、今日の展開で外を回ってここ迄走れば上等だろう。GⅠを勝ってから一皮剥けた感が有る。この後は年末のリベンジへ香港遠征だそうだが、今日の時点で仕上がっていた点がどうか。デキが維持出来るかどうかが鍵。

エアウィンザー

オーストラリアンブリンカー。前後肢にバンテージ。馬体の張り充実。元々が素質馬だが、連勝して来た馬らしい活気が有る。この馬の出脚で行きたい馬に行かせて中段から。道悪故に内ラチベッタリという訳ではなかったが、道中はインでジッと我慢。直線向いてからも馬群を捌いてそれなりに伸びているが、1番人気だっただけにリスグラシューは何とかしたかったところ。このメンバーでもソコソコの馬では有るのだが...。リスグラシューとの斤量差を考慮すると、若干評価が下がる敗戦。

ペルシアンナイト

+4kg。歩様はスムーズだが、馬体の張りがもう少し。休み明けの分は有りそう。若干ゲートが悪かったが、促して好位。押した分、多少行きたがっていた。直線向いて、一瞬だけ反応したものの、リスグラシューには並ぶ間もなく交わされて、そこからは雪崩込む様な形で4着。尤も、デキ、道悪、ゲートと悪い条件が重なった割にはそれなりに走っている。次走、条件さえ好転すれば巻き返す余地は残した。

アルアイン

遮眼革。+8kg。気配は良かったが、数字分だけ緩い。ゲートを五分に出て好位の外。2000mで壁がない状態は間違っても宜しくないが、それなりに我慢して走っていた。ただ、今日は妙に4角の反応が悪かった。直線は前と似た様な脚を使っているのだが、モタついたのが勿体なかった。これも評価が下がる内容。更にいえば、同世代で距離適性の近いペルシアンナイトとは一緒に走る機会も多いのだが、これで3戦3敗。

第37回ローレル競馬場賞中山牝馬ステークス(GⅢ)

フロンテアクイーン

シープスキンノーズバンド。+6kg。テンション高いのは何時ものこと。多少毛ヅヤは怪しいが、馬体に張りが有った。この馬としてはゲートを出た方で、中段から。外枠から無理矢理行った馬が多く、それらを見ながらの追走。4角はフローレスマジックを目標にしつつも、一息待ってからの追い出し。最後はハナ差の勝負だっただけに、ワンテンポ待てたのが大きかった。鞍上はこれで通算700勝だそうだが、腕で勝った形。何かが一つ違っただけで負けていた筈。2着が多く相手なりの馬だが、この骨っぽいメンバーの中で勝たせたのだから尚のこと評価出来る。充実感が有ったのでは?

ウラヌスチャーム

前肢にバンテージ。毛ヅヤが冴えてバランスの取れた馬体。活気が有って歩様もスムーズ。スタート直後に寄られて後方から。3角迄はジッとして脚を矯めていたが、そこから少し動いてフロンテアクイーンの直後。4角を勢い付けて回って来て、ほぼ完璧に運んだが、フロンテアクイーンに粘り込まれた。乗り役に責任はなく、馬も充分走っているが、強いていえばスタート直後のロスが痛かったか。もう半馬身、道中の位置取りが前になるだけでも勝っていただろう。

アッフィラート

-6kg。トモに丸みが有って、気配も良かった。単純にデキが良い。ゲートは出ているが、他に行きたい馬が多かったことと、この馬の一瞬の出脚が足りなかったことも有って後方から。早い段階で馬場の良い外へ持ち出し、フロンテアクイーンやウラヌスチャームを追う形。4角の手応えが抜群で、フロンテアクイーンが大事に乗っていたことも有って、こちらも少し追い出しを待つ位だったが、惜しい3着。陣営は好位からの競馬を予定していた様だが、追い込みの方が確率は高い。尤も、今日はハンデ51kg。能力差も否定し辛いところだろう。

デンコウアンジュ

前肢にバンテージ。一歩一歩が力強い。ドッシリ見せて、集中力も有った。ゲートは出ているが、出脚案外で例に依って後方から。道中は死んだ振りで、4角は躊躇なく大外。上位3頭の更に外だけに今日はこれで仕方がないところ。追い込み一本の馬が毎回堅実に走るというのは不可能。コーナリングが下手という訳ではないのだが、どちらかといえば東京の方が良いタイプでも有り、次走改めて。

フローレスマジック

2人曳き。オーストラリアンブリンカー。充実した馬体。気合乗りも丁度。この馬としてはゲートを出た方だが、8枠のワンブレスアウェイとミッキーチャームに叩かれる形で好位直後。勝負どころでモタつくケースも有っただけに、今日は3〜4角中間から動く強気の競馬。直線入口でマクり切って、流石に坂で甘くなったが見せ場タップリの内容。今回から着用したオーストラリアンブリンカーが利いている様。次走狙い目。

第56回報知杯弥生賞(GⅡ)

メイショウテンゲン

シープスキンノーズバンド。-8kg。数字が減った分、メリハリがなくなった印象も有るが、歩様は中々力強い。出脚一息で後方から。馬場の良い外を通っていたことも有るが、道中の行き振りは良かった。乗り役も相当手応えが有ったのか、3角手前から外を進出して、坂下で先頭に立つとそのまま押し切った。道悪適性が違ったとしかいい様がない。良馬場で走るとは思えないが、まだ直線はフラつく場面も有り、まだまだ若い。道悪は根性も大事で、この部分がしっかりしてくると結構大化けするかも。<.p>

シュヴァルツリーゼ

+10kg。骨格のスケールが大きい。恐らくもっと増えても良い筈。歩様にも問題はない。元々出脚のない馬だが、スタート直後にサトノラディウスに寄られて、馬群と離れた後方から。これも基本的には馬場の良い外目を追走。3角過ぎから徐々に差を詰めて行ったが、4角でブレイキングドーンに弾かれる不利が有ったのは痛かった。この馬自身も、今回が2戦目ということも有り、過剰反応してしまった部分も有ったが、それを考えると直線は良く追い込んでいる。時計勝負でどうかという部分は有るが、馬のスケールも大きく、次走有望。

ブレイキングドーン

+4kg。また馬体増だが、もっと増えた方が良い。ただ、歩様に力強さがないのと、下見では結構イレ込んでいた。ゲートは五分。2000mなら急かさずとももう少し行けるイメージだったが、意外と進んで行かず、これも後方から。メイショウテンゲンの進出に付いて行く形で3角で馬群に取り付き、スムーズな競馬が出来たが、不利を与えたシュヴァルツリーゼに交わされたのは頂けない。かなり案外感が残る内容。行き振りが妙に悪かったので、道悪がイマイチなのかも知れないが...。

ニシノデイジー

前後肢にバンテージ。+6kg。基本的には薄い馬だが、少しずつでも成長している。ただ、テンションが高い。出たなりで好位も、前走程ではないにしても、宥めるのに懸命だった。勝負どころでメイショウテンゲンの進出でレースが動き、前はそれなりに忙しい形になったにせよ、いざ追ってからも伸び一息だった。色々工夫している様だが、気性が勝ち過ぎているのがネック。

カントル

毛ヅヤが良くて、歩様もスムーズ。ただ、まだ馬体は若く、成長の余地を相当残している。積極的に乗られてラストドラフトの番手。出入りの激しい展開だったとはいえ、インに居た利はそれなりに有った筈。4角、直線と只管最内を回ってここ迄。馬体の若さからまだ重賞で通用するとは思えないが、良馬場で改めてということになりそう。

ラストドラフト

2人曳き。前後肢にバンテージ。-4kg。前走と大きく変わらず。小ぢんまりと見せているが、仕草に堪えは利いていた。例に依って出脚が速く、ハナへ。幾ら道悪とはいえ、単騎の1000m通過61.8秒は楽に行けた方だと思うのだが、3角辺りから既に手応えが怪しくなっており、直線はアラアラ。道悪が向いていないのか、ハナがマズかったのか良く分からないところだが、前走内容からすれば全く走ってないのは確か。

第14回夕刊フジ杯オーシャンステークス(GⅢ)

モズスーパーフレア

これでも大分落ち着いて来た方。まだ冬毛が目立つが、このメンバーでは一枚垢抜けた造り。勿論、出脚は一番速いのだが、ナックビーナスとラブカンプーも速く、結構抵抗に遭い、ハナへ行くのに1F程要した。結果前半3Fは32.3秒。それでもスピードが違うが故に、後続は付いて来れず、一時は2番手と5馬身以上の差が有った程で、4角で息を入れる余裕も有った。直線も後続とのリードを保ったままで、ほぼ楽勝といえる内容。外枠がハイペースを誘発した面も有り、枠が内ならもっと楽に勝てた筈。次走も有望だが、中京は雨が降ると内が全滅になり易く、天候が鍵となる。

ナックビーナス

歩様に硬さが有るのは何時ものこと。馬体はボリューム感が有って、これも何時も通り。好発。前述した様にモズスーパーフレアの方が速かったが、少し抵抗しておいて好位に引く形。結果的には良い形となった様に見えたのだが、直線は追ってからの差が全く詰まらなかった。良い展開とはいえ、追っ掛けバテすることも多いパターンだけに、止まらなかっただけでも良しということも言えるのだが...。評価の難しい内容。中山巧者としてお馴染みながら、最近は他場でもソコソコ走るだけに、次走は全く無視は危険。

ダイメイフジ

毛ヅヤピカピカ。連闘の効果が有ったか、馬体が締まって来た。歩様もスムーズ。この馬としてはゲートを出た方で好位のイン。馬群の中だったが、ハイペースで前がバラけてスムーズに運べた。直線も多少狭い程度のところを脚で割って来たが、馬群を抜けた段階では既に態勢が固まっており、3着迄。この時計で届かないのは仕方がないところ。基本的には1分8秒台の決着にならないと勝ち負けにならない

ペイシャフェリシタ

前後肢にバンテージ。馬体に強調材料はないが、これも毛ヅヤは良くなって来た。ただ、良くも悪くも気配は地味。若干出負けして中段やや後方から。脚の使いどころに難しさの有る馬で、インで脚を矯めるイメージで乗られた。形としては上手く行っているが、今日は先行した馬が強過ぎた印象。伸びて来たのは競馬が終わった後だった。強いていえばゲートを五分に出てもう一段前で競馬出来れば3着が有ったかもという程度。

ショウナンアンセム

前肢にバンテージ。+4kg。キビキビ歩けていたが、腹回りがもう少しスッキリした方がベスト。ゲートは微妙に悪かったが、押して好位直後。その割には追走に汲々という様な雰囲気ではなかった。ただ、直線は途中迄食い下がっていたものの、坂で右手前になって苦しくなった。完全にスピード負け。これもゲートをまず五分に出たいところ。

第26回チューリップ賞(GⅡ)

ダノンファンタジー

前後肢にバンテージ。多少毛ヅヤは怪しいが、数字通り、キッチリ出来ていた。尤も、悪くいえば成長がないともいえるが。落ち着いていた点には好感。好発。1馬身抜けたが、ハナへ行く訳には行かず、無理矢理引っ張って好位のイン。道中は口を割って頭を上げ、結構行きたがっていた。ただ、直線向いて前が壁になり、待たされて外へ持ち出すロスが有りながら、登坂力で決着を付けた。時計が平凡なのは道中のロスの分で、内容としては強い。本番へ向けてはレースに行っての折り合い。仮に次走勝ったとしても東京戦はキツい。

シゲルピンクダイヤ

2人曳き。前後肢にバンテージ。-10kg。毛ヅヤは微妙だが、数字の割に馬を大きく見せる。歩様にも力強さが有った。出遅れ1馬身不利。最初から割り切って最後方でも内ラチへ寄せていた。これも引っ掛かり癖の有る馬だが、急かさなかったことが正解で、何とか我慢してくれていた。直線はハニーウィルとシェーングランツの間を一度狙って割り切れず、改めて大音へ持ち出したが、坂を上る途中で右手前になって、内へモタれていたことを考えると良く走っている。特に中間一頓挫有っただけに尚更。上手く行けば大化けしそう。

ノーブルスコア

2人曳き。-12kg。数字のない馬の馬体減だが、見た目にはそこ迄ガレていない。テンションも然程上がっていなかった。ゲートも微妙だったが、行く気もなく後方から。これもインへ入れて、多少窮屈そうな場面も有ったが、馬は然程気にしていない様で、直線は前がバラける迄待ってから追い出して、最後迄脚が使えていた。中々渋太い。今日の馬体減が本番で良い方に出ることはないだろうが、多頭数で強いタイプで、馬体回復ならば。

ドナウデルタ

前後肢にバンテージ。-12kg。こちらは明らかに馬が薄くなった。攻め馬強化していただけに仕方がない面も有るが、歩様も若干硬い。今日はゲート五分。外でも何とか我慢していた。4角を勢い付けて回って、坂下で先頭。この脚は速かったが、ただ、そこから右手前になって内ラチにヘバり付いてしまった。ここ2走、不利で競馬にならなかったが、余計なレースを使わされたのが肝心なところで響いた感。素質は有るが、こうなると暫く掛かる。今季は厳しい。立て直して改めて。

シェーングランツ

+6kg。馬は数字分だけ迫力が出たが、意外とトモが甘い。気配は丁度良かったが。出たなりで中段やや後方から。折り合いは付いていた様に見えた。ただ、4角で外にフクれそうになり、直線も案外。上へ突っ張った様な走り方だった。良く分からないが、何処かで脚元を痛めた様な負け方。次走は黄信号。

天皇陛下御在位30年慶祝 第93回農林水産省賞典中山記念(GⅡ)

ウインブライト

明らかに昨年以上。トモに筋肉が付き、馬体にメリハリが出た。芦毛だが、毛ヅヤもピカピカ。この馬の出脚で好位から。マルターズアポジーが大きく飛ばして前はバラバラの展開だった上に、折り合いというよりは押している馬が多かった位だが、この馬も勝負どころから押し通し。直線も一瞬止まりそうな場面も有ったが、最後迄伸び続けて捕まえた。エポカドーロを筆頭に周囲の馬が止まる中で、この頑張りは見事。競馬の内容的には逃げ馬を自力で追い掛けたラッキーライラックの方が上だが、勝ち切ったことが何より。こういうタイプが中山巧者。

ラッキーライラック

前後肢にバンテージ。牝馬だけに冬毛は仕方がないところ。もう少しフックラ見せても良いが、馬に活気が有った。先週は出遅れたマルターズアポジーが今日は好発。これに付いて行く形で2番手。当然ながらマルターズアポジーはソコソコ速く、1000m通過が58.2秒。それを半秒程度の差で追い掛け、直線入口で先頭。坂を上る脚も力強かったが、今日は早く抜け切ってしまった分の2着。勝負には勝ったが、競馬に負けた格好。阪神でアーモンドアイに屈してからが案外、特に秋は競馬を投げた様な場面も有ったが、力さえ出し切れば牡馬相手でもこれ位走れる。今後は馬の気分次第。

ステルヴィオ

2人曳き。+12kg。寸の詰まったマイラー体型とはいえ、流石に多少太いかも。鶴首で仕草に堪えが利いており、気配は良かったが。今日は速い馬が多く、この馬でも中段から。これもウインブライト同様、追走で手一杯だったクチだが、ウインブライトに付いて行って、坂下辺りで一瞬交わしたかの雰囲気だったが、ウインブライトに差し返された。これも中山には良績有るが、相手の方が一枚上手だった印象。今日はスタミナを要求される展開となり、マイラー色の強いこの馬には分が悪かった。

スワーヴリチャード

+14kg。気配が良かったのが不思議な位、馬が緩い。明らかに目標が先という仕上げ。少し促して中段から。馬群がバラけたところでインへ潜り込み、伸びてはいるが、今日の展開なら外を勢い付けて回るべきで、インを突くのは得策ではなかった。逆にいえば、休み明けで緩かったことも含めれば良く頑張っているともいえる。次走は何処へ行っても人気になるだろうが、ソコソコ走ってくれそう。

エポカドーロ

+6kg。落ち着いている点には好感が持てるが、些か太い。マルターズアポジー、ラッキーライラックと行って、その3番手から。当然、ラッキーライラックを追い掛けて行く形だが、直線入口で既に手応えがなかった。太かった分も有るだろうが、若干評価が下がる敗戦。

第63回阪急杯(GⅢ)

スマートオーディン

パシュファイヤー。このメンバーなら馬が単純に上位。歩様もしっかりしていた。最初から行く気がなく、最後方で折り合いに専念。道中も、3角進入時で馬群から数馬身離れていた程。兎に角、急かしたりブレーキを掛けると良くないところで、直線も躊躇なく大外。坂下でほぼ勝ったかの勢いで、力強く坂を駆け上って突き抜けた。復帰以降、デキに問題はなさそうだっただけに、力さえ出し切れば勝っても何の不思議もない。公営所属で中央に乗りに来ていた時代の安藤勝己騎手を彷彿とさせる騎乗だが、思い切りの良い藤岡佑介騎手とも鞍が合っている。あとは毎回この手が通用するかどうか。その一点に尽きる。

レッツゴードンキ

馬体は相変わらずボリューム感が有るが、もう少し歩様にシャキッと感が有ると理想的。昔と比べると馬自身は出脚が苦しくなっているが、今日は位置を取りに行って、逃げたダイアナヘイローの番手から。記録上の2番手は斜め外に居たラインスピリットだが、これを内へ入れないイメージで乗られた。直線入口で進路を確保し、坂を上る途中で抜け出そうとしたところでスマートオーディンが並ぶ間もなく交わしていった。相手が悪かったとしかいい様がない。ただ、明らかに馬がズブくなっている。今回、行かせたことが良い方に出る可能性も有るが、1200mは厳しい印象も。

ロジクライ

シープスキンノーズバンド。腹袋のしっかりしたタイプだが、張りは有った。歩様、気配等、特に減点材料はない。他馬と接触して、若干出負けしたが、出脚と周囲の馬が行ってくれたことも有って中段は確保。ただ、一段後ろからの競馬になったのが今日はマズかった。直線でダイアナヘイローとレッツゴードンキの間で前が開かず、かなり待たされてしまった。スタートの失敗さえなければ2着有った内容。一般論としては次走狙い目ということになるが、ルメール騎手に乗り替わって1200mとのこと。馬券的には手が出し辛い。

ロードクエスト

2人曳き。この時期にしては毛ヅヤが良い。馬体の成長は乏しいが、集中力が有って、デキは悪くない。ゲートがイマイチなのは何時ものことだが、後方で流れには乗っていた。外を徐々に進出。直線向いて一瞬の脚がなく、その間にスマートオーディンが抜け出して行ったが、前ばバラけてからはジワジワ伸びていた。2,3歳時は決め手一本だった馬だけにあまりにアッサリとしたやられ方に寂しい部分も有るが、現状はこんなモノ。

エントシャイデン

まだ煩いが、これでもマシな方。毛ヅヤから判断するにデキに問題はなさそうだが、馬体にメリハリが欲しい。ゲートも微妙に悪かったが、それ以上に出脚がなく後方から。4角でも仕掛ける気配がなく、完全に着狙いだったが、ミスターメロディが直線で右往左往して、潰した馬が多かったことも有って掲示板は確保。今後に繋がる内容ではないが、賞金を咥えて来たのは何より。